英語を伸ばすのにリーディングが必須な3つの理由

英語を伸ばすうえでリーディングは最も後回しになりがちな教科です。

英会話を伸ばしたいという人はやはり一番最初にスピーキングに目が行きますから「読む」ことはあまりスピーキングとは関係ないと思ってしまう気持ちも分かります。

でも実は、リーディングの勉強を取り入れたほうが英語を効率的に伸ばすことができるんです。

本日の記事ではその3つの理由を説明しましょう。

単語の使いかたも学べる

リーディングを学習に取り入れくことの最初のメリットは、学べる単語が増えること、そしてその語彙の使いかたまだ一緒に学べる点です。

語彙量は英語を効率的に伸ばすうえで酒とは通れない需要な項目ですが、単語帳を見て覚えただけではなかなか適切な使いかたまでマスターすることは難しいです。

しかし、リーディングでは文章の中で適切な使われ方をしている単語を学ぶことができるので本質的な意味やニュアンスを理解しやすくなりますし、どんな時に具体的に使えるのかが分かるようになります。

これで非常に効率的に使える英語の単語量が増えていきます。

論理的な文章構成力がつく

次に論理的な文章構成力がつくのも魅力です。

ある程度英会話に慣れてきた日本人が陥るスランプの一つに「毎回同じような表現ばかり使っていて全然上達している気がしきない」というものです。

これは、あなたの頭が割るからではなくて、単に論理的な文章校正力がなくSVOなどの基本文型を使った最低限の文章しか作れないことが大きな原因です。

リーディングを取り入れて、レベルの高いしっかりとした文章に触れることで文法の使いかた分の構成の仕方などが分かります。

このトレーングのがあなたが論理的に文章を構成する力を養うのに一役買います。

発音がうまくなる

最後にオーラルリーディングによって正しい発音が身につけられるというのもポイントです。スピーキングだけで発音までうまくする人がいます悪くはありませんが、しっかいスクリプトがあったうえで自分に最適化していったほうがいいです。

発音がうまくなれば、しっかり英語が通じますし、欧米人もあなたを対等に見てくれるお湯になります。

まとめ

いかがでしたか?

このようにリーディングを学習のなかに取り入れると、英単語の適切な使いかたが分かり、論理的な文章構成力がつき、発音の上達まで可能であることがお分かりいただけたと思います。

スピーキングを伸ばすうえではリーディングはやっても意味がないと思われがちですが、上記のスキルを磨けばあなたのスピーキング力がさらに向上することが分かると思います。

ぜひリーディングを学習の中に取り入れて効果的に英語を伸ばせるようにしましょう。