これは覚えておいて欲しい!!時制5選

英語を理解するうえで時制の理解は必要不可欠です。時制とは、現在・過去・未来などの時の流れのことです。英語は、時制の違いによって動詞の形が変わる言語です。

今回のレッスンでは、複数ある英語の時制の中でも初級者が絶対に覚えておきたい英語の時制を5つ学びたいと思います。

ムサシ先生
作る英文の時制が変わってしまうと相手に伝わる文章の内容が大きく変わってしまうから、絶対に覚えておきたい項目だ。

現在形

現在系は、英語でPresent tenseといいます。特徴として動詞が現在形の形をとります。主に習慣、普遍の真理、確定した未来のことを述べる文章に使われます。他にも不定詞(To+動詞の原形)を用いる際にも使用されます。

例えば、Be動詞の現在形はam,are,is。一般動詞の現在形は、単語のそのままの形(単語集に載っているもの)になります。

例文:John plays soccer.(ジョンはサッカーをします。)=習慣

Blood is red.(血は赤い)=普遍の事実

Tomorrow is Monday.=確定した未来

過去形

過去形は、英語でPast tenseといいます。特徴として動詞が過去形の形をとります。

Be動詞の過去形はwas(amとisが変換), were(areが変換)。一般動詞の過去形には、規則変化と不規則変化があり、規則変化は、動詞の最後がedで終わるもので不規則変化はそれぞれ違った変化をします。

例文:I visited your office yesterday.(昨日、あなたのオフィスを尋ねました。)

未来形

未来系は英語で動詞の前にWill、be going toをおくと「~する予定である」という未来系の文章が作れます。

ムサシ先生
Willとbe going toの違いは、未来の出来事を決めたタイミングにより異なるよ。今その時決めたときはwillを、以前から決まっていたことにはbe going toを使うんだ。

例文:I will watch movie tonight.(私は今夜映画を見ます。)

I am going to study abroad in the Philippines next year.

現在進行形(Present continuous)

現在その動作が今まさに行われていることを表現する際に使います。Be 動詞と一般動詞の進行形ingを使って文章を作ります。

Erika is watching movie now .(エリカは映画を見ています。)

現在完了形(Present perfect tense)

過去のある時点から現在までの連なりの中で、現在どのような状態であるかを示すときに使います。Have(has)+動詞の過去分詞を用いて表現します。ネイティブは多用するので覚えておきましょう。主に「継続」「経験」「完了」の3つを表すときに用いられます。

例文:I have studied English since 2017.(私は、2017年から英語を勉強しています。)=継続

I have been to the Philippines last year.(私は、フィリピンに行ったことがあります。)

I have already finished my homework.(すでに宿題は終わりました。)

ムサシ先生
よく過去形と現在完了のニュアンスの違いについて質問を受ける。イメージとしては、過去形は過去の行動や状態そのものに話の焦点が向いており、現在完了は過去の出来事や行動が今現在にまで影響を及ぼしていた際に使えるとイメージすると覚えやすいよ。
時制5選の重要性
時制は、以外と日本人にとって躓きやすいものです。これらの文法がわからないと、会話の中における過去/現在/未来等の表現がうまく出来ません。こういった時制は、実際に英語を話す方の会話を聞く事から始めてみると良いかもしれません。

弊社では、IELTSという資格試験のスコアを上げるために精鋭の講師陣を集めております。もしも英語学習に悩んでいらっしゃったら、一度体験レッスンを受けてみて下さい。

まとめ

基本的な時制がお分かりいただけましたか?

それぞれの時制の文の作り方をしっかりと覚えて、自分で文章を作るようにするとすぐに覚えられるようになりますのでトライしてみましょう。