ブログ

その76:ボキャブラリー Lesson 73 ~ Embassy Row / Pavement~

バンドマン はるゆき

目次
開く

閉じる

趣味を勉強に~音楽好きの英語学習~

みなさんこんにちは!はるゆきです!

5月も中旬になり、暑い日も増えてきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?
IELTS TRAINER PROでは、4月から新生活が始まり、今後の予定が確定した方々から多くコースのお申込みをいただいております!

IELTSの目標スコアがある、何年か後に受験したい、と人それぞれご希望はあると思いますが、共通して言えることと言えば「早めに対策を開始するに越したことはない」ということです。
統計ではありますが、0.5のスコアを上げるためには「約200~300時間」はかかると言われています。
目標スコアが高い方、または英語初心者という方は尚更早くから対策することが重要です。

IELTS TRAINER PROでは無料カウンセリング(レベルテスト+日本語カウンセリング)をご提供しております!
詳細は本ブログ下部をご参照くださいませ!

それでは本日もボキャブラリーレッスン、始めていきます!

【注意】
この試みは趣味の時間の中で行っています。IELTS対策は別で時間を取ってしっかり取り組みましょう!

1. 90年代アメリカのオルタナティブロックバンド

 

本日はPavementの「Embassy Row」を使用していきます!

Pavementは、1990年代USオルタナ、ローファイ・シーンを代表する伝説的5人組バンドです。
以前もご紹介しましたが、大好きなので改めてご紹介させていただきます!(笑)

彼らの大きな特徴と言えば「ローファイであること」です。
楽器のサウンドに加工がほとんどされておらず、楽器そのまま音で演奏されているような出来に仕上がっています。
一聴すると、完成度が低いようにも聞こえますが、Pavementの場合は「加工の少なさ」がかっこよさに繋がっています。
※どのアーティストであっても、世に出回っている音源は楽器の有無を問わず、音が加工されています。
※音の加工が少ない場合、演奏や歌唱の難易度がぐんと上がります。

完全に感覚の話なので、とにかく聞いていただくことをお勧めいたします!(笑)

2. Embassy Rowの歌詞

今回も使用するボキャブラリーには、太字アンダーラインをし、派生語・関連語を紹介していきます!

Old intuition on your dock we’re fishin’
Come on now, give us a grade
A for effort and a B for delivery
C for devotion when the world starts encroaching on your plans
Where is the savoir? Where is the savoir?
He’s not here right now
Where is the savoir? Where is the savoir-faire?

Embassy row, the fumes, they lay low
On lanes that are wide where the limousines glide
On the wrought-iron gates and the bone china plates
And don’t forget your manners where the anthems play

In a netherworld of foreign feeds
In a netherworld of foreign feeds
In a netherworld of foreign feeds
I’m gonna take the crown, I’m gonna take the crown
I’m gonna take the crown, I’m gonna take a crown

Maids, they are frisked and asses are kissed
I needed a visa I bought off a geezer
Political favors could make you a savior
In an open corner where the news is late

In a netherworld of foreign feeds
In a netherworld of foreign feeds
In a netherworld of foreign feeds
I’m gonna take a crown, I’m gonna take a crown
I’m gonna take a crown, I’m gonna take a crown

I need to get born, I need to get dead
I’m sick of the forms, I’m sick of being misread
By men in dashikis and their leftist weeklies
Colonized wrath, their shining new path
The converted castle of Moorish design
If you want to stay the weekend, well, we wouldn’t mind
The plots, they are hatching, the surface is scratching
In the open corner where the news is late

In a nether-land of foreign beads
In a nether-land of foreign beads
In a nether-land of foreign beads
I’m gonna take you down, I’m gonna take the crown
I’m gonna take the crown, I’m gonna take a crown
I’m gonna take the crown, I’m gonna take the crown
I’m gonna take the crown, I’m gonna take a crown

3. 今回使用するボキャブラリーはこちら!

①intuition

intuition(名):直感(力)、〔直感で得られた〕知識、洞察
intuit(動):〔~を〕直観する、〔~を〕直観で知る[捉える]
intuitive(形):直感(力)の、〔物事が〕直感的な、直感で理解できる

【文章例】
1. intuition(名): The nurse had an intuition that the patient was in serious condition.
2. intuit(動):I can intuit that he is lying.
3. intuitive(形):This theory makes intuitive sense. 

【意味】
1. 看護師はその患者が深刻な状態にあると直感を得た。
2. 彼が嘘をついていることが直感で分かる。
3. この理論は直感的に理にかなっていると認識できます。

②devotion

devotion(名):献身的愛情、〔無私の〕愛、宗教的情熱、〔強い〕信仰心
devote(動):〔自分自身を〕専念させる、打ち込ませる、〔人の時間や注意などを〕充てる、向ける
devotional(形):礼拝の[に用いられる]、信心[信仰・祈り]の[に関する]、信心深い、敬けんな

【文章例】
1. devotion(名):He will long be remembered and admired for his devotion to his job and his patients. 
2. devote(動):I plan to devote summer vacation to my study.
3. devotional(形):She loved listening to devotional music.

【意味】
1. 彼の仕事と患者に対する情熱により、彼は長く記憶にとどめられ、賞賛されるだろう。
2. 夏休みは研究にあてるつもりだ。
3. 彼女は聖歌に耳を傾けることが大好きでした。

③wide

wide(形):~の幅がある、~幅の、〔物の〕幅が広い、幅広の、大きく開いた、いっぱいに開けた
width(名):〔物や場所の〕(横)幅、〔織物などの単位となる〕幅、〔知識などの〕幅広さ、広がり
widely(副):広く、幅広く、広範囲にわたって、〔笑みなどが〕満面に、大きく、大いに、非常に

【文章例】
1. wide(形):He opened the door wide.
2. width(名):He measured the width of the road.
3. widely(副):The news spread widely across the country.

【意味】
1. 彼はドアを広く開けた。
2. 彼は道の幅を測った。
3. そのニュースは国中に広まりました。

4. IELTS TRAINER PROでは

IELTS TRAINER PROでは、IELTS特化型のオンラインレッスンをご提供しております!
普段の学習の中で覚えたものを身につけるためには、IELTSの各科目に関わる宿題や会話の中でアウトプットが必要で、現状に見合った学習をしなければ、英語力の伸びは芳しくないものになってしまいます。

IELTS TRAINER PROには無料カウンセリング(体験レッスン+カウンセリング)のご用意がございます。
レベルテストを受けて受講開始レベルを測り、お客様一人一人の状況に合わせたコースをご提案いたします!

IELTSの対策を始めるのは早いに越したことはないです。
難易度の高い試験だからこそ、学習の質も量もIELTSを中心にしていきましょう!

以下お申込みリンクから、お気軽にお申込み下さい!

無料カウンセリングはこちら!

参考サイト:英辞郎 on the WEB
      Collins Dictionary 
      Cambridge Dictionary

無料カウンセリング
実施中!体験レッスンも
できます!

日本人カウンセラーが、一人ひとりに合わせてぴったりの学習プランを提案します。
30分簡易版のIELTSテスト、体験レッスンのご受講もできます!

無料カウンセリングはこちら!

IELTS TRAINER PRO

SNS

IELTSや英語学習に役立つ情報を
発信中!