ブログ

定型表現の文章で間違えやすい前置詞

ワーママ きゃりー

目次
開く

閉じる

こんにちは、IELTS TRAINER PROスタッフ、ワーママのキャリーです。
いつもブログを見てくださりありがとうございます!

先日、園から「〇〇組 学級閉鎖のお知らせ」が届き、子供のクラスがその対象であることを知った瞬間、
ため息とともに計り知れない落胆感が襲いました・・
巷ではインフルエンザが流行中です。
基本的な手洗いうがいをして予防を怠らないようにしましょう。

さて今回は前置詞を取り上げます。

連語等の定型表現を形成する場合で間違いやすい前置詞

どちらが正しいでしょうか?~4問考えてみよう!~

第1問

  1. I plan to get married to my partner next year.
  2. I plan to get married with my partner next year.

第2問

  1. I am interested in learning a new language.
  2. I am interested with learning a new language.

第3問

  1. I drove from Los Angeles to New York City.
  2. I drove from Los Angeles until New York City.

第4問

  1. He is well-known for his achievements in science.
  2. He is well-known of his achievements in science.

4問の解答

  • 第1問
    I plan to get married to my partner next year.
    (私は来年、パートナーと結婚する予定です)
    ※「婚約」に関しても同じく”get engaged to“です。
  • 第2問
    I am interested in learning a new language.
    (私は新しい言語を学ぶことに興味があります)
    “interested in”を使用して関心を表現します。
  • 第3問
    I drove from Los Angeles to New York City.
    (私はLAからNYまで車で移動しました)
    “until”は時間的な「継続」のイメージを持ちます。
    “to”は「到達」のイメージを持ち「(どこかから出発して)どこかへ」という表現したい場合に使います。
  • 第4問
    He is well-known for his achievements in science.
    (彼は科学の分野での業績でよく知られています)
    その人(物)の特徴や実績などに対して使い「~で知られている」のような意味になります。

IELTS TRAINER PROで実力をつけよう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
今回ご紹介した間違いやすい前置詞について理解することができましたか?

このブログが皆様のIELTS学習の助けになっていましたら幸いです。

最後にIELTS TRAINER PROについてご紹介いたします!
IELTS TRAINER PROは、

  • フィリピン人講師とのオンラインマンツーマンレッスン
  • 平日の日本時間午前9時から午後23時まで受講OK
  • 月1回本番さながらのIELTS模擬試験の受験できる
  • IELTS対策を週3回/1日50分から受講できます
  • 毎レッスンの最初の5分間で単語テストを実施

皆さまの無料カウンセリングのお申込みをお待ちしております!

無料カウンセリングのお申込みはこちら

無料カウンセリング
実施中!体験レッスンも
できます!

日本人カウンセラーが、一人ひとりに合わせてぴったりの学習プランを提案します。
30分簡易版のIELTSテスト、体験レッスンのご受講もできます!

無料カウンセリングはこちら!

IELTS TRAINER PRO

SNS

IELTSや英語学習に役立つ情報を
発信中!