英語学習|否定文の作り方を徹底解説!!

今回の文法レッスンでは、否定形の作り方を学んでいきます。

動詞や助動詞などに”not”をつけると否定形になります。肯定文だけでなく否定文が作れるようになることで返答の幅が広がり、より明確な意思表示とコミュニケーションが取れるよになります。

それでは早速学んでいきましょう。

ムサシ先生
日本人は「NO」を言うのが苦手な国民ですが海外では自分の意思をはっきりと伝えることはとても重要だよ!

Be動詞の否定文

Be動詞の直後にnotを置くことで、否定形の文章を作ることができます。

現在形のbe動詞の否定は、am not、isn’t、(is notの略)、aren’t(are notの略)なり、過去形の否定形はwasn’t(was notの略)、weren’t(were notの略)、未来はwon‘t(will notの略)be~をつけると否定形が作れます。

  • I am not a teacher.(彼は先生ではない。)
  • He isn’t sick.(彼は病気ではない。)
  • He wasn’t sick.(彼は病気ではなかった。)

一般動詞の否定文

一般動詞の前にdon’t(do notの略)、doesn’t(does notの略)を置くと現在形の否定形の文章が作れます。

主語がIの場合はdon’t、he/she,Jackなど三人称の場合はdoesn’t を使います。didn’t(did notの略)を置くと過去形の否定形の文章が作れ、未来は、won’t(will not)を付けます。

  • I don’t like banana.(私は、バナナが嫌いだ。)
  • Jack doesn’t like tomato.(ジャックはトマトが嫌いだ。)
  • Jack didn’t eat potato(ジャックはポテトを食べなかった。)

助動詞の否定文

助動詞の後ろにnotを置くことでも否定形を作れます。Can’t(can notの略), shouldn’t(should notの略)などです。

ただし、have toの場合は、一般動詞のようにdon’t , doesn’t , didn’tなどがつくのでご注意を。

  • I can’t eat anymore.(もう食べられません。)
  • You shouldn’t do that.(やめておいたほうがいい。)
  • :I don’t have to do this, (こんなことやる必要ないよ。)
助動詞の否定形
助動詞の形は、英語の資格試験などでも非常に効果を発揮します !!^^ 実際の会話にもかなり盛り込まれる形ですので、助動詞の否定形は是非とも覚えておきましょう。実際に会話の中でどれほど助動詞が使われているのか知りたいという方は、一度弊社の無料体験レッスンを受講してみて下さい^^

現在完了の否定文

現在完了の否定形を作るには、have/hasにnotをつけます。それぞれhaven’t‘(have notの略)、hasn’t(has not の略)と省略が可能です。

  • :I haven’t done my homework yet(まだ宿題が終わってない。)
  • He hasn’t eaten yet.(彼はまだ食べていません。)
  • Jack hasn’t taken exam yet.(ジャックは試験を受けていません。)

まとめ

いかがでしょうか?

否定形の作り方がお分かりいただけたと思います。否定形は、会話の中でも頻繁に使用する表現ですからしっかり覚えて、実践でも使っていきましょう。

Youtubeで成功する留学の秘訣を配信しています